横浜の探偵事務所 | 浮気・不倫調査で選ぶ口コミ高評判の探偵ランキング

家出調査であった探偵料金のトラブル

家調査などの人探しを探偵に依頼した場合に、着手金として支払う事が基本となります。

これには理由があり、人探しなどの調査の場合では、依頼主が求めていた結果が必ず得られるわけでは無いため、人件費などの人探しを始める為に必要な経費分を先に頂き、対象者が見つかる等の結果が出た場合に残りの金額を探偵に支払います。

ただし、そのほかにも探偵に依頼した際の料金トラブルがあります。家出調査などの人探しを探偵に依頼した後に対象者が見つかったため、依頼を取り消したいという場合です。

依頼を受けた側は、契約を結んだ段階で様々な準備にとりかかるため、ある程度の経費がかかります。そのため依頼した側は、依頼してから数日しか経過していないため先払いした料金を全額返金してほしいとい一方的な返金要求は殆どの場合では難しくなります。

ただし、解約金として経費分のみを求められる場合では、その内訳が確認できる書類の提示を求める事が基本です。

契約書内に記載されている解約金との違いがないか等の確認は必ず行う事が大切です。

探偵に家出調査を依頼する際に契約書にサインしますが、その時の依頼キャンセルによる解約料について必ず把握しておく必要があります。

基本的には、依頼主側から求める依頼解約までの間の経費分を差し引いた金額が返金されますが、中には経費分と解約金を合わせた金額を差し引かれる事もあります。

そのため、契約前には必ず相手側と依頼主による金銭に関する話し合いがトラブルを防ぐ鍵となります。

トラブルが起きやすい金銭に関する内容は、必要があればメモを取るなりして認識のずれが起きないようにする事が重要です。

また、依頼主側が認識する点として、契約書にサインするという事の重大性です。契約書にサインを行うという事は、依頼主は契約書の内容に同意したとして認識されます。

契約書の隅々までしっかりと確認し、不明点があれば相手側に説明を求めるようにしましょう。

 

↓↓↓無料相談はこちら↓↓↓

人探し・家出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です